低金利の住宅ローンに借り換えたい!
 
低金利の住宅ローンに借り換えたい!

低金利時代が続いている今、多くの金融機関が様々な住宅ローンが出ています。物件選び以上にローン選びの選択肢は広がっていますので複数の金融機関と比較する必要があります。

今現在主流の低金利ローンのほとんどは、変動金利もしくは一定期間だけの固定金利である事です。この後、景気の変動に応じて金利が上昇する可能性があるという事も覚えておきましょう。
借入金の金利負担は、金利の高さと返済期間によって変わります。ですので今後、借り換えを行った住宅ローンを含むローンの金利が外部の経済環境の変化により上昇すると、とたんに月々の負担が重くのしかかって来ると言う事もあります。

最悪の場合、借り換えを決めた1年後に支払金利が見直され、月々の返済額が借り換え前の水準に戻るなんてこともあり得ますので気をつけましょう。

住宅ローンの中には、1%やそれ以下のキャンペーン金利の商品もありますが、超低金利のキャンペーン期間が設定された固定金利選択型の住宅ローンは利用するべきではありません。

なぜなら、1%や0.98%といった超低金利の住宅ローンは、固定期間が1年~3年程度に設定されたいわいる固定金利選択型の住宅ローンが大半だからです。

固定金利選択型とは、一定期間金利を固定し、固定期間終了の時点で、それ以降は変動金利となるものをいいます。金融機関によっては再度固定金利期間を設定するものもあります。

ですが固定期間や運用ルールは、金融機関やローンの種類によって異なりますので先に調べておく必要があります。借り換えの審査基準も各銀行で異なります。

を成功させることができるか、見極める必要があります。

ただし、各銀行の審査基準は公開されていませんのでその場合は専門家に相談したほうがよさそうです。変動金利タイプの住宅ローンであれば、金利が上昇してきたらいつでも固定金利住宅ローンに変更することが可能です。

ですが、固定金利選択型では固定期間中に金利が上昇しても対処出来ませんので注意してください。超低金利は確かに魅力的ですが、固定される期間が短いために住宅ローン返済総額にあたえる影響はさほど大きくはありません。

2006年にゼロ金利対策が解除されましたが、変動金利ではおよそ0.25%、長期固定金利では0.05~0.15%程度金利が上昇しています。実際、ゼロ金利に終止符が打たれたとはいえ、金利は異常ともいえる低水準にあり、今後の水準はなお上昇していくと考えたほうが良いと思います。


住宅ローン関連情報

住宅ローンの返済イメージは下のグラフのように、開始時が最も利息の割合が大きく 支払い回数が増えるにしたがって元金の割合が増す .... 日銀マイナス金利の導入で、 ますます低金利に突入していくなか、やはり変動金利で恩恵を受けたいと思いますよね。
【住宅ローンの繰り上げ返済】いつが得?シミュレーション|UpIn[アップイン]
札幌市内で無料出張査定OKの車買取専門店情報。車を高く買い取ってもらうためのコツやポイントが分かりやすくまとめてあります。
http://xn--fiqr3jmqaxb785rmg3bgbd7xd7yz84f.com/
中古車の売却なら千葉全エリア対応のサービスを使って、高額買取りの裏技を使ってこちらがおトク!
車買取 千葉

メニュー
 
 
Copyright (C) 住宅ローン借り換えガイド.net All Rights Reserved.