低金利の住宅ローンに借り換えたい!
 
住宅ローン控除と繰上げ返済の関係性にご用心!

住宅ローン控除と繰上げ返済の関係は絶対に押さえておきたいポイントです。繰上げ返済の仕方を間違えると住宅ローン控除が受けられなくなる可能性がありますので十分注意が必要です。

繰上げ返済には二種類の方法があります。一つは返済期間が短くなる期間短縮型。もう一つが毎月の返済額少なくなる返済額圧縮型です。今回重要になってくるのは期間短縮型の繰り上げ返済の場合です。
返済期間が短くなると、どのような問題が起こるのでしょうか?それは住宅ローン控除の適用基準に問題があります。実は住宅ローン控除は10年以上の住宅ローンを組まないと適用されません。

つまり、繰上げ返済によって返済期間が10年を切ってしまえば住宅ローン控除の対象ではなくなってしまうのです。これではせっかく繰上げ返済をしても意味がないですよね。

この10年という期間ですが、これは全体の実質返済期間のことです。ですから例えば15年ローンを組んで3年後に3年分の繰り上げ返済をしたとすると、残りの返済期間は9年になってしまうのですが、これは問題ありません。

すでに返済済みの期間3年と、残り期間9年が足されて12年という判断がされるからです。逆に同様の例で12年ローンだったとすると3年分短くなれば残りの返済期間が6年になり、返済済みの3年と合わせても9年なので対象外になってしまいます。


さて、ここで気になるのが住宅ローン控除を全額受けるのと繰上げ返済をして支払総額を減らすのとどちらが得なのでしょうか?これはケースバイケースなのですが気になる問題ではないでしょうか?

様々な条件によって変わりますので、ここでは個別の試算はしませんが原則的に支払う金額で言うと住宅ローン控除が受けられなくなっても繰上げ返済の方がメリットが大きいようです。

しかし、では何故繰上げ返済に慎重になった方が良いのでしょうか?それは普通に長期で返済するということは次月の負担が減るということです。

同じ収入なら月々の負担が減った方が当然いろんなことにお金が使えますね。趣味にも旅行にも教育資金にも使えます。また貯蓄にも使えますし貯蓄には当然少ないながらも利子も付きます。

利便性を考慮に入れると長期返済の方がお得と言えるでしょう。ただし、長期返済で注意するのは返済完了まで収入が確保できるかどうかです。

35年ローンを組んで最後は定年後の年金生活ということなら、貯蓄を貯めるよりも定年までに返済できるように繰上げ返済をするべきだと思います。


住宅ローン関連情報

繰上返済・契約内容変更手数料. 家計にゆとりができたら繰上返済がお得です。 住宅 ローン繰上返済手数料(全額繰上返済・一部繰上返済共通). ○変動金利型<変動>〔6 か月固定〕〔3年固定〕〔5年固定〕〔10年固定〕; ○固定金利型; ○長期固定金利型〔全...
繰上返済・契約内容変更手数料について|中国銀行 住宅ローン
住宅ローン一部繰上返済のみずほダイレクト[インターネットバンキング]での受付(ご返済 期間を変えずに月々のご返済額を見直しする「期間不変方式」と、月々の返済額はほぼ 同額でご返済期間を短縮する「期間短縮方式(月単位での短縮となります)」のどちら...
みずほ銀行 : 住宅ローン一部繰上返済受付
保湿をしっかり時短美容派さんに『SimpRich(シンプリッチ)』!仕事に、家事に、美容に…毎日を忙しく生きている現代女性にとって時短美容は必須です!
シンプリッチの評判は?

メニュー
 
 
Copyright (C) 住宅ローン借り換えガイド.net All Rights Reserved.