低金利の住宅ローンに借り換えたい!
 
住宅ローンを借り換えた場合は控除対象外って本当!?

住宅ローンを組んだ後、他の金融機関などで借り換えをする人がほとんどだと思いますが、その際住宅ローン控除額を気にしたりしていますか。

住宅ローンの控除とは、ローン残高に応じて一定割合の税金が還付される制度です。対象となる税金は所得税だけで、その他の税は対象とされません。
10年間で、最高160万円を所得税から差し引く事がでたりきる制度です。還付金として戻ってくる条件は細かく色々ありますが、この事に気を付けていないと借り換えなどをした際にトクをすると思ってしたのに「実際には損をしていた」なんて事にもなりかねないので十分に気を付けないといけません。

住宅ローンを借り換えた場合は原則的には控除の対象にはなりません。そもそも住宅ローン控除の適応対象となる住宅ローンは、住宅の取得や増改築に直接的な借入金が対象なので買い替えを行った場合、住宅ローンを借り換えたローンなので控除の対象になりません。

ただし、新しい住宅ローンが当初の住宅ローンの返済の為のものである事が明確で、新しい住宅ローンが十年以上の返済期間である事のふたつの条件を満たせば、住宅ローンを借り換えても控除の対象になります。

このふたつの条件を満たす事自体は大して難しくないと思われるので誰でも住宅ローンを借り換えたりしても控除を受ける事ができると思って言いとおもいます。

ただし、近年では制度の内容が度々かわり1度申告をした人でも新たな手続きが必要になる場合があったりするので、控除を受ける事ができたからと油断しすぎるともらえるはずだったお金がもらえなかったなんて事になったり、きちんと手続きをしておけばもっと控除してもらえたのになんて事にもなるかもしれません。

政府が2009年度税制改正で検討している住宅ローン減税の概要は、「省エネルギー効果が高い住宅や長期間住める優良な住宅を購入した個人を対象に、所得税・住民税の免除額を過去最大の合計600万円に引き上げる」などと言うものがあったりします。

最近では住宅なども色々と状況が変わって来ていたりします。制度の改正でどうしても元々の金額より少なくなったりした場合はしかたないと思うしかないのかもしれませんが、損をしないためや、もしかしたら今以上の控除を受けれるなんて事になったりもするかもしれません。

住宅ローンを払い終えた時に借り換えをした時にきちんと申告していればもっと控除を受けれたのになんて後悔せず。晴れ晴れとした気持ちで払い終えたいものです。


住宅ローン関連情報

... 申告を行うことが必要です。確定申告での住宅ローン控除の計算や手続きの方法 などについて、解説していきます。 ... 住宅ローンの借り換えをした場合には、2つの要件 を満たす場合に限って、住宅ローン控除の対象となります。 ・新たに借り入れた住宅 ローン...
住宅ローン控除の計算法や記入法、手続き、対象になるか判断する方法

メニュー
 
 
Copyright (C) 住宅ローン借り換えガイド.net All Rights Reserved.