低金利の住宅ローンに借り換えたい!
 
住宅ローンの借り換えをするならシミュレーションをじっくりと!

長い年月払い続ける住宅ローンの支払をなるべく安くしたい方は、入念にシミュレーションして安い金利に借り換えることが出来ることをご存知でしょうか?

住宅ローンを返済するに当たって、元金の他に利子を支払わなければなりません。家購入のローンのように返済期間が長くなる場合、利子の存在がその後の返済計画のネックになります。
住宅ローンを組む際、支払い方法として長期固定金利方式と変動金利方式のどちらかを選ぶことになります。変動金利方式での返済は、固定金利方式よりも利息が低いのが特徴です。

今後もこの低金利が続くのであれば、返済完了まで続けるのも一つの手ですが、経済状況などにより金利が上昇する危険性があり、返済総額が増えてしまう可能性があります。

そのような場合、返済の途中で他の金融機関が提供する長期固定金利方式に住宅ローンの借り換えをすることができます。借り換えをするなら、支払う金利が減るとか、返済期間が短くなるなど、当然メリットがなければなりません。

そのためにも、今の条件と借り換えをした場合の条件をシミュレーションして、じっくり考えてみると良いでしょう。有利な組み換えをするに当たって必要な条件と言われているのが、住宅ローンが1,000万円以上残っていること、返済期間があと10年以上あること、借り換え前と後の金利差が1%以上あることなどが挙げられます。

ただし、最近は保証料不要の住宅ローンが出てきており、金利差が1%未満の場合でもメリットがある場合もあります。借り換えにおける支払額の軽減が微量だと、組み換えの際発生する諸費用の方が上回ってしまう可能性があるので注意が必要ですし、また、組み換えの際のローン残高が多いほど、軽減される返済の金額も大きくなります。

インターネットで検索すると、借り換えのシミュレーションをすることができるサイトが多数あります。また、金融機関に直接問い合わせれば、シミュレーションをしてくれます。

手軽にシミュレーションをしたいのであれば、サイトを活用することをおすすめします。現在のローン残額や金利、その他諸費用と乗り換えたい長期固定金利の諸条件を入力すれば、今後支払わなければならないローンの総額を出してくれます。

固定金利方式を選択した場合でも、5年満期のものから10年満期のものへ組み替えたり、さらに「フラット35」のように全期間固定金利のものへ組み替えることもできます。

また、各金融機関がそれぞれの金利を設定しており、より安い方へ借り換えることもできます。住宅ローンの借り換えを考えている方は、できる限り多くの返済方法及び金融機関でシミュレーションをして比較検討をすると良いでしょう。

そうすることで、自分に合った支払い方法及びメリットのある返済方式を見つけることができるはずです。


住宅ローン関連情報

各銀行の口コミや、最新の住宅ローン金利推移・見通し、住宅ローン選びのポイント、 審査のツボなど、住宅ローンに関する情報を満載。もう迷わない! ... ただし、じぶん銀行 もオペレーターの対応には差があるので、信頼できる方を見つけたら、指名して対応して いただくのがおすすめです。(本来、指名制はとってい ..... 2016/03/28 [住宅ローン ニュース]住宅ローンの借り換え、変動金利と固定金利のどちらが良い? 2016/03/14 [ 住宅...
住宅ローン金利比較/口コミ評判ランキング |2016年12月

メニュー
 
 
Copyright (C) 住宅ローン借り換えガイド.net All Rights Reserved.